住宅

危険性の高いハチ駆除のすべて│害虫駆除は素人よりも専門業者に依頼すると確実

シロアリの生態を把握する

現場作業員

シロアリは森の幹に含まれるセルロースを主食としています。そのため、森に住んでいるシロアリは倒木を食べて生息しています。「森の分解者」とも呼ばれており、自然界においてシロアリは非常に重宝されているのです。しかし、住宅地にいるシロアリは、木造住宅に積み付き外壁や室内の木々を食べてしまいます。次第に劣化が進み、最悪の場合住宅が崩壊してしまうこともあるのです。自然界では重要な役割を担っているシロアリも、人間界では害虫として非難されています。シロアリにより住宅を損傷させないためには、いくつかの注意点を把握しておくことが大切です。まずはシロアリの生態や特徴を把握しましょう。

シロアリにはいくつかの種類がいます。日本に生息しているシロアリは実に22種類もいるといわれています。その中でも家屋に被害を及ぼすシロアリは4種類です。東日本や西日本、離島などによって多く見られるシロアリの種類は異なります。自宅にシロアリ被害を発見し、シロアリ駆除や対策を施したいと考えている人は、シロアリの種類を把握する必要があります。シロアリは種類によって生態が大きく異なるので、適用する対策方法や駆除方法が異なるのです。間違った方法を施すと、シロアリの壊滅には至らないので注意しましょう。また、シロアリは暖かいところを好むので、床下暖房を取り入れている住宅は被害が大きくなると予想されます。さらに、セルロースを多く含む紙類はシロアリにとって大好物だといえます。庭や床下にダンボールを保管している場合はすぐに処分しましょう。